私伊万里和哉が自作した小説や、日々思っていることを書いていこうと思っています。 もしよろしければ見て行ってやってください。 コメントなんて残していただけると私かなり喜びます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC小説・・・?とりあえず登録してみるか
 なんていう理由で更新する手がかりを得た伊万里です。
 いや、書くこともあんまり無いんですけどねー
 とりあえず留年せずになんとか研究室に配属されましたー。いや、ヨカッタ
 これからもがんばらないとやばいなーなんて思いながら週に一回くらいは更新したいと思います。

 見てる奴がいない?
 いや、これから見てくれる人もいるかもかもかも
スポンサーサイト

マンガ家さんとアシスタントさんと
 ヒロユキさんの漫画、マンガ家さんとアシスタントさんと、買いました~~

 ヒロユキさんの漫画は月姫とかの同人誌から好きでしたが、ドージンワークを経て今はマンガ家さんとアシスタントさんとを好きになりました。
 いや、この人の漫画はいつもながら面白い。変態でもう。

 大体誰かしら変態を作りたがるヒロユキさんですが、もうね、いいね。
 ドージンワークの露理みたいなキャラクターの好きな私としてはちょっと物足りないところもありますが、それはそれ、これからに期待したいと思います。

ストレンヂア
 ストレンヂアって映画なんですけど、知ってる人はあんまりいないのかな?
 あのスクラップド・プリンセスや、鋼の錬金術師、今ならソウルイーターなどのアニメを作っている制作会社がちょっと前に映画で放映したアニメなんです。
 あれちょっとDVDで借りてみてみたんですけど、すっげええええぇえぇぇええのまじで
 

 主人公とヒロイン?(男の子だけど)の声は正直あんまり上手くないんですけど、でもあれはあれで味があるっていえなくもないかな?(下手だけど)
 でも、それでも全体的に疾走感のある話になっていて、かなりよかった。
 キャラクター達の動き方がボンズらしいし、光のあたり方もすごいきれい。ボンズらしい絵だった。
 それと音楽がいいね!あと効果音。あんまりいいヘッドホンじゃないと思ってた私のヘッドホンですが、これを聞いてみるとやっぱりよかったのかも知れないと思うくらいに音は凝ってたと思う。
 それと主人公達以外はすごい上手な声優の人もいて、かなりよかったです。
 いや、大塚明夫さんとかかっこよすぎる

 以下内容にも言及しましょう見たくない人は見ないでくださいね。反転しないで見れる場所には核心にせまることは書いていませんが。


 主人公は刀を抜かないことを心に決めた侍として描いています。
 理由は後で話すのですが、やはり「トラウマ」が原因そのため主人公、ナナシは常に刀を鞘に差したまま過ごし、戦うことになっても刀を抜くことはありません。
 そしてヒロイン?小太郎(って言ってたと思うんだけど)は子供。理由はやはり途中で明かされるのですが、敵に追われています。
 その中でであったナナシを雇い、知っている場所まで連れて行ってほしいとナナシに頼む。
 素直で無い子供だが、それでも自分だけでは無理だと悟ると、自分にできる最大限の譲歩でナナシを雇うシーンなど作りこまれていた気がします。

 そして捕らえられる小太郎
 それを助けに行くナナシ


 マジ熱い展開が繰り広がります。よかったら見てみてください。かなりいい話でしたよ
つづきを表示

映画 魔法少女リリカルなのは
 来年公開予定の魔法少女リリカルなのはの映画ですが・・・
 アニメの一期の話になりそうですが・・・まぁそれはいい、いいけどね。
 でも、バリアジャケットとかデバイスを変えたのも多少は我慢するけど正直やりすぎな気がする。

 フェイトはあんまり変わってなさそうだからいいけど、なのはかなり変わってるね。
 デバイスになんか白い角できてる・・・強そう・・・・なのはいいとしても、柄の部分も青い装甲みたいなのついてるし・・・なんか狙いがわからん。魔法少女リリカルなのはじゃなくてそれこそ魔砲少女マジ狩るなのは的な方向へしたいのか・・・・・?

 いや、そんな同人的な題名にされても困りますけど。
 そしてバリアジャケットが二期に近いのはいいんですが・・・胸のところのリボンをなくしたのは失敗だと思う。
 かわいさが足りないというのも理由の一つですが、まず青が多すぎて収まりが悪いんですよね。髪の毛が茶色のキャラクターで、レイジングハートは赤い宝玉がついてますから青が多すぎてちょっと合わない気がします。
 フェイトが黒と赤主体なので、対照的になのはを白と青にしたいのはわかるのですが、それでもちょっとやりすぎな感が私には残りますね。

 ん?魔法少女?的なね?
つづきを表示

大伝説の勇者の伝説4読んだ!!
いや、鏡貴也先生すげぇよ!ほんと

 何がすごいってさ!!!

 11月から6ヶ月連続刊行ってところだろ!!常識的に考えて!!!



 マジパネェッスよ鏡貴也

つづきを表示
Copyright © 幻想劇場~無意識の内側の世界~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。